【札幌市民の意見】2030札幌オリンピック招致に反対したい理由

札幌市は2030年冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指しています。札幌のいち市民としては、やらないでほしい。正直言って「反対」の立場です。

2030年 札幌オリンピック招致の予算と現実

現在予定されている金額は

  • 施設整備費 800億円
  • 大会運営費 2300億円

らしいです。

施設整備費800億円を負担する札幌市民

施設整備費800億円のうち札幌市負担は450億円。この分の負担をするのが札幌市民・企業。札幌市の人口は195万人なので、単純に割ってみると、一人あたり22500円の負担増。

単純に金額が大きくなるのではなく、生活を支えるためのお金が、そこに使われるのだと思います。

また、この施設整備費は、予定よりも確実に増えるでしょう。誘致するため・市民を説得するための「概算」でしかありません。予算オーバーせずに実施することは無理だと思います。

 

大会運営費の2300億円をまかなえるのか

大会運営費にかかるのは2300億円。内訳は

  • 観客席の仮設費用など 600億円
  • その他運営費 1200億~1400億円
  • 予備費 200億円

ということらしいです。

これを賄うのが、大会開催で発生する収入。

  • IOC負担金、TOPスポンサー収入 800億円
  • 国内スポンサー収入 800億~1000億円
  • チケット、ライセンス収入など 400億円

これでトントンにする予定だとか。こちらに関しては、まあ、問題ないのかなという印象。

 

札幌オリンピック開催後の財政圧迫が気になる

一市民としては一時的な負担はある程度しかないかな、とも思っています。その分経済効果もあるでしょうし、潤う業種もあるでしょう。

例えば建設業界は大きく儲かります。また、航空会社・観光施設・飲食店などは客が増えて嬉しいはず。また、オリンピックを見たい札幌市民としても「近くだから安く見に行ける」というのも、人生の中の経験として悪くないでしょう。

しかし、その後に残された「施設の維持費」などを考えると手放しでは喜べない事象だと思います。

参考として、東京五輪で新設された施設の維持費を見てみましょう。まだ予想段階ですが、年間赤字が10億円超えという試算もあるようです。

東京新聞の図表を引用↓

札幌市が、既存施設をどの程度利用するのかわかりません。しかし、残されて使われなくなった施設の維持を考えると「負債」を持つことに違いありません。

そしてその負債は、札幌市に住む若い人々が税金を負担し、維持し続けなければいけない。札幌に骨を埋めるつもりの30代としては、正直言って嬉しくないです。

ただ、私も勉強不足ゆえ、見落としているポイントや論点なども多々あるはず。

札幌市民の方は賛成か反対かコメントをくれると助かります。

コメントはお気軽にどうぞ!(反映には時間がかかります)